リコカイロプラクティック・オフィス rico chiropractic office

contact

rico

山地梨映子DCのオフィシャルサイト"rico-chiro"

患者様の声

voice of the real patient

HOME ≫ 患者様の声 ≫ 未妊

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
image

未妊外来から妊娠に向けてのカラダ作り

Makiko.Sさんのエピソード【歯科医院受付スタッフ / 29歳】

【症状】

「最初は歩くのも辛くなって...そこからずっと痛み、痺れが続き、偏頭痛や首の痛みもあります...」と腰痛、偏頭痛の悩みがキッカケで来院して頂きましたが、実は妊娠を目指しているとご相談を受け妊娠にむけてのカラダ作りがスタートしました。


初回来院評価とアジャストメント

初診では尾骨の打撲の状態がひどく、痛みや片頭痛の大きな原因になっていると感じ、骨盤のサブラクセーションの影響から左足が短く、胸骨のエリアも歪みが確認。
10年以上前の打撲の影響が色濃く残っている印象で、毎日のようにロキソニンを服用する生活でした。まずはその主訴を中心にケアをしていきました。

image
2回目の来院

1週間後の2回目に来院して頂いた時に、「初回の次の日は楽だったが、3日後くらいからまた痛みが出だした」風邪をひいた影響もありましたが、腰は楽になった様子。この日も仙骨のアジャストがメインと頭蓋療法も。仙骨の状態も初回時と変化は薄い状態でした。

3回目の来院

その1週間後に3回目で来院して頂いた時には、頭痛も改善し、妊活の準備がようやく整ってきました。
排卵誘発剤を服用していましたが、それは止めるようアドバイスし、この時点で既に仙骨の状態もよくなりつつあり、カラダの緊張もだいぶほぐれていた印象があります。
緊張度が強いと頭皮も硬いのですが、それが改善。アジャストは頭蓋とアッパーサービカルと仙骨。
全体の可動域も診ながらアジャストしていきました。

さらにその1週間後の4回目では、かなりカラダの調子が改善し、ここまでも基本アジャストしたポイントは仙骨と頭蓋療法が中心で、この時点ではかなり仙骨の状態も良好。
ここから、週に1回から10日に1回、20日に1回と間隔をのばしていきます。

生理も順調にきており、首の硬さは少し残っていますが、頭痛はほとんど無くなっていました。
薬も服用することがなくなり、その後ちょうど仕事も辞めて妊活に集中することで更に環境も良くなってきました。

5回目以降は、首の方が気になるようになり、首の可動域を調べアジャスト。
後頭骨のサービカルアジャストメントが増やし、妊活を始めてからは骨盤も丁寧にアジャストしています。
子宮と卵巣の働きをよくするために、腰椎の部分も刺激を入れ、生理がくることは妊娠の準備が出来ていることなので、そのことにもっと喜びを感じて頂き、排卵するときの収縮の痛みに関するコンサルテーションもしつつ、生理の周期も順調。

仙骨の改善が一番のポイントでした。
ここから頭痛がなくなり、薬の服用もなくなり、誘発剤もやめ、妊娠に向けての綺麗なカラダ作りの始まりだと感じました。

生理も順調にきて、カラダのデトックスも進み、妊娠できたと思います。

患者様レビュー
image

はじめは腰痛のために友人からカイロプラクティックを教えていただきました。 女性の先生だったので、自分自身の体調について話がしやすかったです。 治療院に置いていた「妊娠力を味方にする2時間」というフライヤーをみて、興味が出たので内容を聞いてみたところ、妊娠に向けての体つくりをしていただけるということでした!

腰痛はさておき、妊娠を強く希望していましたので、先生にカラダ作りをお願いすることにしました。 カラダのケアだけではなく、ココロのケアもしていただき、妊活に対しての考え方が変わりました。治療をはじめて半年で妊娠することができたのは先生のおかげだと思っています。

今後はマタニティーカイロを受けて、よりよい出産を目指そうと思います。


上へ戻る