リコカイロプラクティック・オフィス rico chiropractic office

contact

rico

山地梨映子DCのオフィシャルサイト"rico-chiro"

患者様の声

voice of the real patient

HOME ≫ 患者様の声 ≫ 腰痛

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
image

坐骨神経痛で座っていることもできませんでした

Kyoko.Sさんのエピソード【会社員 / 37歳】

【症状】

大学時代にぎっくり腰をしたことがありましたが、きちんと治さずなんとなく良くなったので放っておいたのですが、30代に入ってから時々腰痛がありました。ここ数カ月で悪化したようで、仕事で座っていることもできないほどの痛みに襲われ、病院で坐骨神経痛と診断されましたが、湿布と痛み止めではどうにもならず、来院しました。


初回来院評価とアジャストメント

初診の整形学的検査では、坐骨神経痛の+結果は出ませんでしたが、骨盤のサブラクゼーションがあり、左に骨盤が傾いているような状態でした。それに伴って臀部の筋肉の緊張がみられ、股関節の可動域が非常に悪かったです。左脚に少し痛みが放散している状態でした。脊柱の硬さも見られ、痛みがひどいせいで、体全体の緊張がありました。まずは全身のリラクゼーションと骨盤のアジャストをしました。

image
2回目の来院

10日後に2回目の来院。臀部の筋緊張は残っているものの、骨盤のサブラクゼーションは改善され、痛みも指標の9から6くらいまで下がっていました。しかし、まだずっと座り仕事をしているとつらく、30分も座っているとソワソワしてしまうということでした。脊柱のアジャストメントで体全体の機能を高め、股関節の可動域を広げ、臀部の筋緊張を取り除く施術をしました。

3回目の来院

また2週間後に3回目の来院。痛みはほとんどなく、脚への放散痛もなくなりました。まだ座っていると痛みがでますが、日常生活にほぼ支障がなくなりました。臀部の筋緊張はまだ残りますが、股関節の可動域は良くなり、脊柱の硬さもだいぶ取れてきました。
脊柱・骨盤のアジャストメントをしたあと、頭蓋療法でリラクゼーションを促しました。

この後2週間おきに来院していただきましたが、6回目でほぼ改善。今は仕事で座っていても全く痛みも出ず、「痛みがない生活がこんなにありがたいことなんですね」と言っていただきました。腰痛は改善されましたが、まだ全体に硬さが残りますので、今はメンテナンス治療として、肩や首のサブラクゼーションのアジャストを含め、全身の治療をしています。

骨盤のアジャストメントと、臀部の筋緊張だけでなく身体全体の緊張を取ることがポイントでした。
病院で坐骨神経痛と診断されましたが、仕事でずっと座っていることによって、身体全体が硬くなり、たまたま腰痛として症状が出てきましたが、この場合、全身をリラックスすることで改善されていったと思います。

患者様レビュー
image

仕事や日常生活に支障がでるほど腰とおしりに痛みがあり、悩んでいたところ知り合いからリコ先生を紹介していただきました。
カイロプラクティックは知っていましたが、なんとなく少し怖いイメージがありました。
しかし、リコ先生は私が思っていたような治療とは違い、カラダ全体を調整してくれているような感じがして、初回の治療ですごくすっきりしました。

2回目以降からもカラダがどんどんよくなっていく感覚があり、治療の日が楽しみで待ち遠しいと思うようになっていきました。数回の治療ですっかりよくなり、今では仕事中長く座っていても大丈夫です。ありがとうございました。

今後もメンテナンスでお世話になろうと思っています。よろしくお願いします。


上へ戻る